乾燥肌対策して10年後もきれいな肌を目指そう!


0f34dd21fff8901e0490c3cd16062eba_s


乾燥肌に悩む人は多いですね。女性だけでなく男性も同様に多くの人が乾燥肌に悩んでいろいろな対策をとっています。

でも、乾燥肌対策は間違って行っている人も実は多く、間違った方法を行っていると時には乾燥肌をさらに悪化させてしまうことにもなりかねませんから、もう一度自分の乾燥肌対策を見直してみましょう。

乾燥肌は、肌の水分保持力が低下してしまっていますが、この原因として多いのが肌にダメージを与えていることです。

乾燥肌の場合に避けたいのが肌への刺激ですが、スキンケアを行う際についつい擦り過ぎていたり力を入れ過ぎていたりといったことで肌にダメージを与えさらに水分保持力を低下させてしまっていることが多くなっています。

正しい乾燥肌対策を行えば乾燥肌の改善はもちろんですが5年後10年後の肌にも大きな違いが出てきます。

最近ではアンチエイジングなどよく耳にしますが、早い段階からきちんとしたケアを行うことでその後に違いが出てきますから乾燥肌対策もきちんと行うようにすることが大事なことになってきます。


乾燥肌対策間違っていませんか?

乾燥肌対策としてどのような事をしているでしょうか。乾燥肌は肌の水分保持能力が低下してしまっているということになりますが、だからこそ念入りに化粧水などで水分を補給しているといった人が多いでしょうか。

確かに肌に足りないものを補うことはとても重要なことになりますが、補給するだけでなく間違ったケアを行っていないかを確認することも重要です。

例えば乾燥肌の原因として肌にダメージを与えているということがあります。しかもこのダメージ、普段の何気ないスキンケアから起きていることが多いので、まずはそこから考えてみましょう。

スキンケアの他にも乾燥肌対策として必要な事はあります。実際にどのようなことがポイントになってくるのでしょうか。

  • ・正しいスキンケア
  • ・食事

つまり体の外側と内側からの両方からのケアが必要になってくるということですね。いくらスキンケアを行っても体の内側からケアしてあげないと乾燥肌を正常な肌状態に戻して5年後10年後の美しい肌を目指すことは難しいでしょう。

乾燥肌には様々な原因が考えられますが乱れた生活や食生活も大きな原因となってきます。特に食事に関してはちょっと工夫するだけでも大きな違いとなってきますし、健康ということでも重要なポイントとなってきますから一度見直してみると良いでしょう。

あまりに乾燥肌がひどいような時には医療機関を受診することも必要となってきますし、肌状態がひどくなってきていることをわかっていながら無理をして化粧などするというようなことはやめておきましょう。

もちろん化粧はしないわけにはいかないということもあると思いますがそういった時には肌にできるだけ刺激を与えないようなものを使用し最低限の化粧にとどめておくようにした方が良いですね。

乾燥肌の場合にはそもそもクレンジングなどを利用することもとても大きなダメージとなることがありますから気を付けましょう。

ここでも注意が必要となってくるのですが、刺激の少ないものというと天然成分でできているものがすぐに頭に浮かぶのではないかと思いますが人によって天然成分であっても肌に合わないこともありますし、成分によってはとても強いものがあります。

こういったことも注意することが必要です。


乾燥肌対策ならスキンケアの方法を考えよう!

乾燥肌に悩んでいる人の中には自分では肌を綺麗にしているつもりで乾燥肌の原因を作ってしまっている場合もあります。

では、早速スキンケアで気を付けないといけないことを上げましょう。

  • ・洗顔、クレンジングのやり過ぎ
  • ・ゴシゴシ洗い、こすり洗い
  • ・刺激の強いクレンジング剤、洗顔料を使用

代表的な事としてはこれらがあげられます。すぐに心あたりがあるという人もいるでしょうし、心当たりのないという人もいると思います。でも一度自分の普段のスキンケアを見直してみることは乾燥肌対策としてとても重要なことになります。

洗顔やクレンジングは肌を綺麗にする為に必要なことではあるのですが、過剰に行っているという人はかなり多くなっています。特に乾燥肌の人の場合には洗顔料を使用しての洗顔を1日に2回おこなっていればやり過ぎと言えます。乾燥肌という場合には朝の洗顔などはぬるま湯で流す程度で十分です。

クレンジングは1日1回という場合でもどのようなやり方を行っているかで肌への負担はかなり違ってきます。

クレンジングを行う場合にしっかり汚れを落とそうとして力を入れて行っていたり肌に直接指が当たる状態で何回も擦っているというような場合には本来肌に必要な皮脂なども取り除いてしまうだけでなく肌にダメージを与えてしまっています。クレンジングを行う際には指と肌の間にクレンジング剤があることを意識しながら優しくなじませル程度で擦らないようにしましょう。

これは洗顔でも同じことが言えます。ゴシゴシと洗ってしまっ宇野ではなく優しくなでるようにして洗うようにしましょう。

もちろん化粧水や乳液などを使う時にも同様です。擦らないけど何回もパッティングしているような場合には気を付けましょう。パッティングするというよりも肌に押し込むように手の平でそっと抑えるようします。

ここまで説明すると肌への負担を思い当たるという人はかなり多くなってくると思います。

また、毛穴の汚れなどが気になって毛穴パックを使用したりスクラブ入りの洗顔料を使用するというのも決しておすすめできない方法となります。

乾燥肌は肌がかなり弱っている状態ですから、これ以上のダメージを与えないようにしてあげることが必要です。


3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s



その化粧品間違っていませんか?

日ごろ使用している化粧品やスキンケア用品はどのようなものを使用しているでしょうか。使用するものによっては肌に大きな負担を掛けていることもありますからその辺も十分に注意が必要です。

クレンジング剤は代表的なものとなりますね。

クレンジング剤に求めるものというとしっかり化粧を落としてくれるものできれば毛穴の汚れまで落としてくれるもの、できるだけ早くなじむもの、濡れた手でも使うことができるものといったことになるでしょうか。

確かにこういったことを売りにしているクレンジング剤はかなり多いですよね。でもこれって実はそれだけ肌には強い刺激になるものということにもなりかねません。

毛穴の汚れまで落とすことができるものであれば当然ですが大切な皮脂も落としてしまいますよね。こういったように考えるとなんとなく自分が選ぶべきものがわかってくるのではないでしょうか。

決して強いクレンジング力はなく使用するのも手軽というわけにはいかないというものですね。もちろん手軽に使用できる優しいものもあります。

きちんとどういった成分からできているのかを確認し、その成分が肌に優しいものであるのか強いものであるのかを知るようにしましょう。


記事